大型で非常に強い台風16号 1日(金)に伊豆諸島に接近 関東にも風や雨の影響広がる予想

© 株式会社ウェザーマップ

29日(水)~10月1日(金)の天気と予想最高気温

 28日(火)午後も、北・東日本は晴れるが、西日本は雲が多く雨の降る所がありそうだ。29日(水)も同じような天気が続くが、30日(木)から10月1日(金)は北・東日本で雨の範囲が広がり、台風16号の影響で太平洋側は風の強まるおそれもある。台風は1日(金)に伊豆諸島にかなり接近するおそれがあるため、広い範囲で高波にも警戒が必要だ。

天気下り坂 次第に波高く

29日(水)朝と昼過ぎの天気分布予想

 あす29日(水)にかけては、北日本など晴れる地域もあるが、太平洋側を中心に湿った空気の影響で雲が広がりやすい見込み。西日本は四国や中国地方で、午前中は雨の降る所がありそうだ。29日(水)も全国的に気温が高く、北陸や東海、西日本は30℃前後まで上がり暑いくらいとなる。なお、台風16号の影響で、29日(水)は南西諸島や小笠原諸島で、うねりを伴った大しけとなる所があるため高波に警戒が必要だ。

30日(木)午後9時の波の予想

 30日(木)は低気圧が近づく北日本で雨が降り始め、日中は北海道で雨脚の強まる所がある見込み。また、台風16号の北上に伴い、近畿から関東にかけての地域も、午後は次第に雨の範囲が広がりそうだ。西日本から北日本の太平洋側でも、30日(木)以降はうねりを伴った高波に警戒が必要となる。

台風 伊豆諸島に接近

28日(火)午前9時の台風16号の位置と進路予想

 大型で非常に強い台風16号は、28日(火)午前9時には、日本の南をゆっくりとした速さで北上している。台風は1日(金)にかけてあまり勢力を落とさずに北上するため、台風が接近する伊豆諸島は大荒れとなるおそれがある。

10月1日(金)午前9時の雨と風の予想

 1日(金)は東日本の太平洋側、特に関東の沿岸部に雨雲がかかる可能性がある。台風が進路を西寄りに取ると、1日(金)の関東はそれだけ発達した雨雲による降水が継続しやすくなる見込み。なお、台風が陸地から離れて通っても、風が強まることが予想され、海は波が高くなるため、今後も最新の気象情報に注意が必要となる。

(気象予報士・高橋和也)