西・東日本 1日(水)にかけて非常に不安定 落雷や突風に注意 北日本は2日(木)も大荒れ

© 株式会社ウェザーマップ

 30日(火)午後は西日本で雨の範囲が広がり、あす12月1日(水)にかけて全国的に荒れた天気となる見込み。
 北日本は2日(木)にかけても、暴風や高波に警戒が必要となりそうだ。

西・東日本 風雨強まる

 30日(火)午後は西日本で雨の範囲が広がり、九州は今夜はじめごろにかけて激しく降る所がある見込み。中国・四国でも夕方以降は発達した雨雲がかかり、近畿は今夜遅い時間に、局地的に雷を伴った激しい雨の降る見通し。
 なお、今夜は四国の太平洋側で、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがある。東日本でも遅い時間ほど雨の範囲が広がり、太平洋側を中心に1日(水)朝まで、南風や吹きつける雨で目が覚める可能性がある。

 西・東日本は1日(水)にかけて大気の状態が非常に不安定となるため、雨が強まるさいは落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに対して注意が必要だ。
 なお、きょうは西日本を中心に、1日(水)は東・北日本で最高気温が平年を上回るが、前線通過後は気温が下がる点にも注意が必要となる。

北日本大荒れ

 北日本でも1日(水)明け方から昼前は、北海道の太平洋側を中心に雨の強まるおそれがある。大雨による土砂災害や道路の冠水、河川の増水に十分な注意が必要だ。また、積雪が多い地域は融雪による低地の浸水や、なだれにも注意が必要となる。低気圧が発達しながら進むため、1日(水)にかけて全国的に風が強まるが、とりわけ北日本は暴風や大しけとなるため警戒が必要だ。
 北日本は2日(木)にかけても、冬型の気圧配置が続まる影響で、雪を伴い大荒れの天気が続く見通し。山沿いを中心に大雪となる可能性もある。

週後半の天気

 冬型の気圧配置は、3日(金)にはいったん緩むが、北日本や北陸は気圧の谷の通過で変わりやすい天気が続く見込み。4日(土)には上空に再び寒気が流れ込むため、北海道を中心に雪や雨が降るが、5日(日)は高気圧に覆われて日本海側でも天気が回復しそうだ。太平洋側は晴れる日が多いものの、3日(金)はやや雲が出やすい可能性がある。

(気象予報士・高橋和也)