西九州新幹線 “親しまれる”愛称を JR長崎駅東口・西口 31日まで市が募集

© 株式会社長崎新聞社

長崎駅周辺で進められる再開発の完了後のイメージ(長崎市長崎駅周辺整備室提供)

 9月の西九州新幹線開業に合わせ、長崎市はJR長崎駅(同市尾上町)東口・西口の愛称を募集している。31日まで。
 長崎らしさが感じられる愛称を付けることで、市民や訪れた人に愛着や親しみを持ってもらう狙い。駅の案内看板など永久的に使われる予定。
 愛称は5文字以内で、最後に「口」を付けるのが条件。漢字やアルファベットなど表記は自由。「長崎市をこよなく愛する方」であれば誰でも応募できる。
 8月中旬に開く審査会で東口・西口それぞれ1点ずつを選び、9月上旬に発表予定。採用された人には長崎-博多間のペア往復切符を同23日の開業イベントで贈る。応募者の中から抽選で5人に新幹線かもめグッズをプレゼントする。
 応募方法など詳しくは市ホームページか、市長崎駅周辺整備室(電095.829.1173)。