日本代表と戦うカナダ代表、欧州でブレイク中「5名のスーパータレント」

17日に日本代表と親善試合を行うことになったカナダ代表。ワールドカップにはこれまで1度しか参加したことがなかったが、2026年の自国開催の大会に向けて強化を進めてきた。

36年ぶりにワールドカップの舞台へと足を踏み入れたカナダ代表の注目選手を5名紹介しよう。

スティーヴン・ユースタキオ

クラブ:FCポルト

年齢:25歳

ポジション:セントラルミッドフィルダー

ポルトガル人の両親の下カナダで生まれたユースタキオ。7歳でヨーロッパへと移住し、ポルトガルのサッカー界で育成されたという選手だ。ユース代表ではディオゴ・ダロやディオゴ・ジョタ、ジョアン・フェリックスらと並んで期待されていた。

ただプロとしてはなかなか花開かず、2020年に加入したパッソス・フェレイラでのプレーでようやくブレイク。今年FCポルトへと引き抜かれ、25歳にしてついにワールドスターの一人となった。

ハードマン監督は「彼はゲームのテンポを決める重要な選手」と話しており、優れたボールコントロールとパスセンスを持つ将軍だ。

タジョン・ブキャナン

クラブ:クルブ・ブルッヘ

年齢:23歳

ポジション:ウインガー

大学サッカー出身でありながらクルブ・ブルッヘにまで上り詰めたカナダの新鋭ウインガー。シラキュース大学でプレーしたあと、2年でプロ転向を決断してMLSのドラフトに参加。2019年にニューイングランド・レヴォリューションでデビューした。

そして昨年夏にベルギーの名門クルブ・ブルッヘと契約を結び、今年1月のシント=トロイデン戦で欧州デビュー。いきなりレギュラー格の立場を確保し、注目と集める存在となった。

MLSでは右サイドバックでもプレーしたが、1対1の仕掛けやファウルを誘うプレーが得意なウインガー。スピードがありダイナミックな走りを武器としている。

アルフォンソ・デイヴィス

クラブ:バイエルン・ミュンヘン

年齢:21歳

ポジション:ウインガー

バイエルン・ミュンヘンではサイドバックとしてその圧倒的なスピードを生かしているアルフォンソ・デイヴィスであるが、もともとMLSでデビューしたときにはストライカーだった。今も代表では攻撃的な役割もこなす。

一時期ほどのインパクトはなくなったとはいえ、その豊富な運動量と電撃的な加速、伸び続けるトップスピード、攻守に渡る仕事率、一対一での打開力は凄まじい。しかもまだ21歳という若さだ。

ジョナサン・デイヴィッド

クラブ:リール

年齢:22歳

ポジション:ストライカー、ウインガー

2020-21シーズンにリールのリーグ優勝を導いたカナダの新星ストライカー。ハイチ人の両親の下アメリカで生まれ、後にハイチへと移住、そして6歳でカナダへと渡った。

18歳で欧州へと渡りベルギーの名門ヘントに加入し、そこですぐにプロデビュー。1年目から12ゴール、2年目はさらにそれを上回る18ゴールを決める活躍を見せ、リールへとステップアップした。

ストライカーだけではなくウインガーもこなしながら、その中でゴールを決められる選手。豊かなスピードやドリブル、巧みなシュートを備えつつ、ゴールの嗅覚を失わない。カナダ代表34試合で22得点という記録は伊達ではない。

カイル・ラリン

クラブ:クルブ・ブルッヘ

年齢:27歳

ポジション:ストライカー

ジャマイカの血を引いているカナダ人ストライカー。コネチカット大学のサッカー部でプレーし、1年時から大活躍したことでMLSドラフトにかけられるも、一度プロ入りを断ったという。2年目のシーズンを終えたあとにオーランド・シティへと加入した。

その後トルコの名門ベシクタシュでプレーし、2020-21シーズンは19ゴールを決めるなど大ブレイク。今季はタジョン・ブキャナンがプレーしているクルブ・ブルッヘに加入した。

【写真】W杯で優勝したことがない世界最強の現役スター7人

大学生時代からカナダ代表のメンバーとして招集されており、2021年には国際試合13回出場で14ゴールと絶好調。すでにカナダの歴史上最も多くのゴールを決めた選手として生けるレジェンドになっている。

© 株式会社コリー