カメルーン代表GKオナナ、W杯から追放…規律違反か

FIFAワールドカップ・カタール2022に参加しているカメルーン代表のGKアンドレ・オナナが、チームから除外されたようだ。

グループステージ第1節で守護神を務めたオナナであるが、その試合の後で何らかのトラブルを起こしていたようだ。

『AFP』の報道によれば、カメルーンサッカー協会は「アンドレ・オナナは懲戒上の理由で追放された」と発表したとのこと。

その詳しい違反の内容については明かされておらず、状況については記載がないものの、オナナはすでにチームから外されているようだ。

【写真】 練習から追放されたことがある10名のスター選手

カメルーン代表チームは28日にセルビア代表との試合を行っているが、GKにはセカンドのデヴィス・エパシがスタメン起用されている。

© 株式会社コリー