台風14号 温帯低気圧に変わっても注意 17日(金)から18日(土)は全国的に荒れるおそれ

© 株式会社ウェザーマップ

 台風14号は東シナ海で動きが遅くなっているが、前線の影響で西日本は大気の不安定な状態が続いている。あす16日(木)にかけても太平洋側を中心に、急な強い雨、落雷や突風に注意が必要だ。台風は16日(木)後半には進路を北東に取り始め、17日(金)は温帯低気圧となって本州へ近付く見込み。低気圧は再発達する予想で、広い範囲で風や雨の強まるおそれがある。

西日本は蒸し暑い

 15日(水)午後は午前中より雨の範囲が狭くなり、西日本でも日差しの出る所がある。ただ、依然として大気の状態が不安定で、所々でにわか雨や雷雨がある見込み。九州を中心に、蒸し暑い状態が続きそうだ。
 また、夕方にかけては東日本の内陸や、東北の太平洋側で雨の降る所があり見込み。湿った空気の通り道となる沖縄でも、断続的に雨や雷雨となる見通し。北陸や北日本の多くの地域は、15日(水)午後も晴れる所が多く、過ごしやすい気温となりそうだ。

台風の動向に注意

 動きの遅い台風14号は、あす16日(木)には北東方向に進み始める見込み。西日本に近づく前の段階で、温帯低気圧に変わる見込みだが、17日(金)は再び発達しながら日本海沿岸を進む予想となっている。このため、広い範囲での強風、高波、大雨に対して注意・警戒が必要だ。
 西日本は17日(金)から18日(土)朝にかけて、東・北日本は17日(金)午後から18日(土)いっぱい、荒れた天気を想定する必要がある。なお、北海道は19日(日)朝にかけても、風の強まる所がありそうだ。

週末以降の天気

 18日(土)は西日本の早い所で午前中から晴れる所があり、東日本の太平洋側でも午後は急速に天気の回復する所がありそうだ。ただ、日差しが戻るとはいえ、風の強い状態が続くので、突風や交通機関への影響に注意が必要となる。また、それまで雨の量が多くなっている地域では、川の増水などにも注意が必要だ。

 19日(日)は東北以南の各地は広く晴れて、北陸など日本海側は前日(18日)と比べて天気が一変する見通し。日中は気温が上がり関東から西は30℃前後まで上がる見込み。20日(月・敬老の日)はさらに晴れる地域が多く、昼間は西日本を中心に日差しのもとでは暑いくらいの状態が続きそうだ。ただ、朝晩は北日本でぐっと気温が下がり、東日本でも過ごしやすくなる見込み。そろそろ、東京都心でも秋の訪れを告げるトンボ「アキアカネ」が飛んでもおかしくなさそうだ。

(気象予報士・高橋和也)