車ごと海に転落…岸壁にすがる男女を救助 男性2人に感謝状 平戸署

© 株式会社長崎新聞社

人命救助の感謝状を受けた池田さん(左から2人目)と橋本さん(同3人目)=平戸署

 平戸署は11日、車ごと海に転落した男女を救助した長崎県平戸市田平町の池田次夫さん(67)と橋本隆さん(72)に感謝状を贈った。
 同署などによると、10月19日朝、釣りに来ていた市外の男性が車の運転を誤り、同乗の女性と海に転落。2人は車を脱出し、流れの速い平戸瀬戸の岸壁の割れ目に手を掛けていた。海の様子を見に来た池田さんが2人に気付き、近くに係留していたボートで向かい、ボートで通り掛かった橋本さんに協力を求め、手分けして助け上げた。
 池田さんは「岩壁には他に手掛かりがなく、もう少し遅かったら流されていただろう。自分だけで2人を助けるのは難しいと思い橋本さんに声を掛けた」と振り返った。橋本さんは「助けた男性は手から血を流し、握力もなくなっていた。よく車から出たなと思う。非常に寒い朝で2人は震えていた」と話した。
 野口博文署長は「池田さんの冷静な状況判断と橋本さんの協力が2人を救った」とたたえた。