甘い香り漂わせ クチナシ見ごろ 佐世保・長尾半島

©株式会社長崎新聞社

一帯に甘い香りを漂わせるクチナシの花=佐世保市、長尾半島公園

 長崎県佐世保市鹿子前町の長尾半島公園で、自生のクチナシの花が見ごろを迎え、甘い香りを一帯に漂わせている。
 九十九島ビジターセンターによると、クチナシはアカネ科の常緑低木で、枝先に6センチ程の白い花を咲かせる。果実が熟(じゅく)しても裂けたり、はじけたりしないため「口無し」と呼ばれるようになったといわれている。
 同センター職員の溝口雅貴さん(25)は「美しい花といい香りを、実際に見て楽しんでもらえたら」と話している。同公園には、園芸用に品種改良された「オオヤエクチナシ」も植栽されている。