長崎県内 今年初の猛暑日 佐世保35.5度 長崎35.1度

©株式会社長崎新聞社

 長崎県内は20日、高気圧に覆われ各地で気温が上昇した。佐世保で35.5度、長崎で35.1度を観測し、いずれも県内で今年初めて35度以上の猛暑日となった。
 佐世保と長崎を含む県内9地点で今年一番の暑さを記録。各地の最高気温は▽大村34.5度▽南島原市口之津34度▽西海33.8度▽五島市上大津32.5度▽雲仙岳29.9度。
 環境省と気象庁は熱中症の危険性が極めて高いとして熱中症警戒アラートを発表。外出をなるべく避け、室内を涼しい環境にして過ごすよう呼び掛けた。県によると、9人が搬送され、うち4人が中等症だった(午後4時現在)。
 長崎地方気象台によると、県内は今後1週間も同様に晴れ、最高気温が35度前後になる暑い日が続く見通し。