パソコンにウイルスが… コンビニ店員が声掛け 詐欺被害防止で感謝状 長崎署

©株式会社長崎新聞社

北村署長から感謝状を贈られる香嶋さん(右)=長崎署

 特殊詐欺被害を防いだとして長崎署は15日、長崎市のローソン目覚町店従業員、香嶋美江さん(29)に署長感謝状を贈った。
 同署と香嶋さんによると、4月19日午後4時半ごろ、50代女性が同店で3万5千円分の電子マネーを購入しようとしたため、香嶋さんが不審に思って用途を尋ねた。女性は「パソコン画面にウイルスを検出したと表示された。画面の番号に電話を掛けたら、電子マネーを買えば直ると言われた」などと話したため、詐欺を疑い同署に通報した。
 女性は、自宅のパソコンを利用中に警告音が鳴り出し、驚いて画面に表示された「050」から始まる番号に電話していた。
 香嶋さんが特殊詐欺被害を防いだのは2回目。北村秀明署長は感謝状と盾を手渡し「一声掛けてもらったのが非常に良かった。勇気がいる行動」とたたえた。香嶋さんは「止められて良かった」と話した。