任期満了に伴う松浦市長選 友田氏 再選出馬表明

© 株式会社長崎新聞社

友田吉泰氏

 松浦市長の友田吉泰氏(57)=1期目=は13日、任期満了(来年2月4日)に伴う同市長選について「市には大きな課題が山積しており、引き続き市政のかじ取りを担わせてもらえるよう努めたい」と述べ、再選を目指す意向を明らかにした。
 開会中の定例市議会一般質問で、﨑田廣美議員(清風会)に答えた。友田氏は1期目の総括を交え、「後半の2年間は新型コロナウイルス感染症の拡大で各種施策の深化や拡大に十分取り組めなかった。松浦には多くの伸びしろがあり、それを伸ばすため蓄えた経験を推進力に、努力を重ねていく」と述べた。
 友田氏は佐賀県小城市出身。九州共立大卒。1999年に合併前の旧松浦市議に初当選し市議4期、2011年から県議2期を務めた。県議2期目途中の18年に友広郁洋市長(当時)の4選不出馬を受けて市長選に立候補。無投票で初当選を果たした。
 同市長選を巡っては、今のところ友田氏以外に出馬の動きはみられない。